WebサイトやITで成果を出すためには「解析」「システム」「マーケティング」この3つのスキルと「継続的な改善」が必須です。
この3つのスキルとPDCAにつながる「継続的な改善」を説明します。

GoogleAnalytics4、通称GA4を含め、世の中にはたくさんの解析サービスがあります。

この解析サービスを使うためだけのマニュアル本もたくさん出ています。

しかしここで重要なのは解析サービスを使う事ではなく、マーケティング的な視点から解析データを活用する事が重要です。

つまりは、マーケティング的な視点を持って解析サービスを使う、これが解析サービスに振り回されなくするコツです。

ITやWebサイトで成果をあげるために欠かすことのできないスキルがシステムのスキルです。

システムという言葉が表す範囲は膨大ですが、少なくともITやWebに関する基礎的な仕組みの理解が必要です。

例えば自分はマーケッターだからシステムはシステムエンジニアの仕事と無視をするとリスキーです。

責任を持って顧客の成果によりそうためには、専門家なる必要はなくてもシステムの基本的な理解は必要です。

アナログでも通用するような基礎的なマーケティングの知識は、それがITやWebであっても成果をだすためには非常に役立ちます。

例えばファネル分析

このファネル分析はWebやITから新たに作られてものではありません。

ユーザーの心を理解し、そこからマーケティング上の施策をとる事は、回り道のようでも確実に成果に近づくための王道です。

どんなにスキルがあっても、地道で継続的な改善なしには、成果につながりません。

いろんな手段やツールを購入すれば自動的に成果があがるというのは幻想です。

ITやWebで成果をあげるためには、スキルと共に継続的な改善をする必要があります。